toggle
2018-12-05

本×コーヒー×小さいケーキ=「マインドフルネス」!?

先日、とある本屋さんに行ってまいりました!
最近、カフェと併設している本屋さんて多いですね。
先日行ったところもそんなところだったんですが、実は行こうと思って行ったわけではなく…
いろいろなことが重なり、出会った本屋さんでした。結果として、行ってとてもよかったです。
その日は都内での用事を終えて、
近所によく行く神社があるので、そこに「お参りに行こう」と思い、歩いて向かいました。

無事お参りも終え、お昼も過ぎてたのと結構お腹もすいていたので、その近くの有名な餃子屋さんに向かいました。

が、ランチの時間が終わっていてもう閉まっていたのです。

周りには、まだランチを提供しているレストランがあったのですが、「有名な餃子を食べるぞ!」という気持ちでいたので、なんとなく妥協できず。
ここまで粘ったからには「適当なランチにしたくない!」という変な意地も出てきてしまったので、そこから歩き続けて、おいしそうなランチ場所を探し続けました。
でも、食べたいランチがなかなか見つからないのです。さらに、ランチタイムというタイムリミットも迫ってきました…

なので、最終的には、ランチは諦めることに…。

そこで目に入ったのが、冒頭のカフェ兼書店でした。

「ケーキセット」という文字も目に入り、「こうなったら、おいしいケーキを食べよう!」ということでふらっと入りました。

実はそのカフェ兼書店は、以前ラジオで紹介されていたところで、行きたいと思っていたところだったんです。

その行きたかった理由の一つは、その書店の本の売り方にあるんですが、
そこでは、本に挟まっている「スリップ」を基に、本を仕入れたり、陳列したり、売り出したりしているんです。
具体的には、複数本を買われた方がいた場合、どのような本を一緒に買ったのかをスリップから読み解きます。
一見、まったくジャンルの違う本でも、買った方がどんなものに興味を持っているのかを考え、その方がまた来店したときに喜んでもらえるような本を仕入れたり、陳列をしたりするといいます。
今で言えば、アマゾンで関連商品をお勧めしてくれるような感じでしょうか。

でも、もっと深いですよね。人がやっていることですし。

スリップには入荷日?がメモされていました。お店の人ともちょっとお話できました。
詳しくはこちらの本です!
——
さて、タイトルにあった「小さいケーキ」というのは、この写真のケーキ。
(小さいですよね?!?!?)

お昼も食べられなかったので、たっぷり食べたかったけど、思ったより小さかった…
いつもなら、本を読みながらパクパク食べているかもしれないのですが、まず「本や汚してはいけない」ので、本を読むときは読む。食べる時は本を置いて、食べる。
しかも、本を読む時間のお供にしたかったので、時間をかけて一口ずつ。
カフェ内に置いてある本は購入もできるし、席で読むこともできますが、元々は売り物なので、汚さないことが前提です。

コーヒーも飲むときは飲む。こちらも本のお供に、一口ずつ味わう。

今まで経験したことないケーキの食べ方コーヒーの飲み方、そして本の味わい方

小さいのは、かなりショックでしたが(←しつこい)
充実したコーヒー&ケーキ&ばななさんの本でマインドフルネスの大切さを味わえて一日でした!
小さいケーキ、ありがとう!笑
このばななさんの本もオススメです!
関連記事