toggle

コンセプト

横浜市青葉区でヨガクラスを実施しているYURIEです。

yurie.n.yogaへようこそ。

yurie.n.yogaは「ユリエンヨガ」と読みます。

「エン」には「ご縁」「支援」そして英語の「勇気づける」という意味の「エンカレッジメントencouragement」の意味が込められています。

 

自分の体と心に目を向けるきっかけとして

このコミュニティのコンセプトをお伝えするにあたって、

私が再びヨガを始めた経緯を書きたいと思います。

私がヨガを再び始めたのは、毎日仕事で忙しく過ごしていた時です。

ヨガは以前もしたことがあったけど、以前も続かなかったので、

「忙しいこの状況ではきっと3か月ぐらいで辞めるかも」と

思いながらも、当時の私は入会しました。

(キャンペーンで安かったのも後押しして。笑)

 

確かに、仕事の忙しさもあって、行けない週もありましたが、

当初の予定よりも長く続けている自分がいました!

 

そのスタジオには鏡があったので、

一生懸命ヨガをしている自分も「なんだ、頑張ってるじゃん!」と思うようになりました。

行けば行くほど楽しくなって、少しずつヨガにも熱さにも慣れ(当時はホットヨガに通っていました)

体も変化が見え始めました。

気になっていた脚のむくみが以前よりスッキリしたり。

 

何か一つだけ変化したというよりは、

スパイラルのように、いろんなことが連鎖的に少しずつ成長して、

少しずつ改善して、少しずつ楽しくなってきました。

体だけでなく、心も落ち着いてきました。

職場で大変だったことも、以前のように、

家でビールを飲みながらテレビを見て愚痴っていたら、そのもやもやは残っていたかもしれません(笑)

家でビールを飲んで、愚痴を言う代わりに、

近所のヨガクラスに通って、体を動かして、バランスのポーズでは特に集中して。

家にいるより、ビールを飲むより、心も体もスッキリしていることに気が付きました。

そして、私は「自分が過ごしたいように過ごすことを選択できているかも。」という気持ちになりました。

 

ヨガを始めて一番良かったこと

ヨガをして何が一番良かったかと言えば、そうして「自分の時間が取れたこと」だったかもしれません。

自分の体や心に向き合う時間。自分のことをケアする時間。

人によってはそのきっかけは「ヨガ」かもしれないし、「ランニング」かもしれません。

たまたま私にとっては「ヨガ」がその一つだったように思います。

 

そして、ポーズが上手かどうか、バランスがとれたかどうか、体が柔らかいかどうか。

それはあまり大切ではないように思います。

「自分の体と心のために時間を作る」ということが一番大切なことかもしれません。

一人ではなかなか難しいという方、そんな習慣を作りたい方に、そのきっかけ作りができれば光栄です。