toggle

コンセプト

横浜市青葉区でヨガクラスを実施しているYURIEです。
yurie.n.yogaへようこそ。yurie.n.yogaは「ユリエンヨガ」と読みます。
「エン」には「ご縁」、「支援」、そして英語の「勇気づける」という意味の「エンカレッジメントencouragement」の意味が込めてみました!

自分の体と心に緩やかに目を向けるきっかけとして

このコミュニティのコンセプトをお伝えするにあたって、私が再びヨガを始めた経緯を書きたいと思います。
 
私がヨガを再び始めたのは、毎日仕事で忙しく過ごしていた時です。
ヨガは以前もしたことがあったけど、その時もあまり長くは続かなかったので、「忙しいこの状況ではきっと3か月ぐらいで辞めてしまうかな」と思いながらも、当時の私は入会しました。(キャンペーンで安かったのも後押しして。笑)
 
確かに、仕事の忙しさもあって、行けない週もありましたが、当初の予定よりも長く続けている自分がいました。
そのスタジオには鏡があったので、一生懸命ヨガをしている自分を見て、「なんだ、私頑張ってるじゃない~」と思うようになったり。
 
当時通っていたヨガスタジオでは、私はリラックス系のクラスに頻繁に参加していました。
今思うと、当時の私は、ゆっくり休むことがあまり得意ではなかったのかもしれません。どこかでいつも「頑張らないと」という気持ちが先走っていて、家にいても、仕事のこと(特に人間関係のこと…)が頭をぐるぐる。
 
 
たくさん考えたからといって、解決するわけでもないんですけどね。
そんな「ぐるぐる」から抜け出したかった私は、「心からゆっくり休む」、「エステやマッサージを受ける」ような感覚でヨガに通っていました。
 
以前は家でビールを飲みながらテレビを見て愚痴って、でもそのもやもやは残っていたかもしれません(笑)

ヨガを始めて一番良かったこと

ヨガをして何が一番良かったかと言えば、今振り返ると、「ゆっくりと過ごす自分の時間が取れたこと」そして「自分を労わることをしてもいいんだなあと自分に許可を下ろせたことだったかもしれません。
 
自分の体や心にゆるやかに向き合う時間。自分のことを穏やかにケアする時間。
 
当時も、マッサージが好きだったのでちょこちょこ通っていましたが、100%だれかに自分の身体の問題を委ねることが、当時の私は、「贅沢しているかなぁ」と思ってしまう観方がありました。
 
今は、自分ではない誰かによって癒されることも大切なケアの一つだと思います。
 
私自身は、癒されるために、深い呼吸をひとつとって、自分に「お疲れさま」と言うために、通っていたヨガクラス。
そんなクラスをみなさまにもお届けできたら、幸せです。
 

コンセプト「自分の身体と心にゆるやかに向き合う」

前置きが長くなりましたが、コンセプトは、「自分の身体と心にゆるやかに向き合う」こと。
 
ヨガは本当に幅広くて、身体をしっかり動かすものもあれば、眠りのヨガ、瞑想のヨガなどさまざまです。
日ごろ頑張っているからこそ、ヨガではゆるやかに身体と心に向き合って、気持ちのよい、心地のよいことを目指してもよいと自分に言ってあげられる、そんなやさしいクラスを目指しています。