toggle

一般クラス

一般クラス

冬は、アーユルヴェーダでいうと、「ヴァータ」(風)のエレメントが強くなる季節です。
風として象徴される「乾燥性」「冷性」「動性」などが強まる季節。そのエレメントが過剰になりすぎると、病気につながりやすいと言われています。
1月のクラスは、「動性」を過剰にしすぎないよう、床に近いところでゆったり、且つしっかりとアーサナを練習することを提案していきます。

1月スケジュール

各テーマをクリックすると、詳細に飛びます。
1月6日(日) 9:30~10:45 基礎のプラクティス “年初めのヨガ ~身体と心とうまく付き合う1年に”  予約
1月14日(祝) 13:30~14:45 基礎のプラクティス “股関節を気持ちよく伸ばす”  予約
1月27日(日) 13:30~14:45 基礎のプラクティス “側屈を深める”  予約
1月27日(日) 15:00~16:15 リラクゼーションのプラクティス “重さと軽さと体感してみる”  予約

2月スケジュール

2月より料金システムが改定となります。詳細はこちらをご覧ください。
各テーマをクリックすると、詳細に飛びます。
2月9日(土) 9:30~10:45 基礎のプラクティス “サンスクリット語でポーズを知ろう2”  予約
2月17日(日) 9:30~10:45 基礎のプラクティス “バランスポーズを深める”  予約
2月23日(土) 13:30~14:45 基礎のプラクティス “ツイストを深める”  予約

1月クラス詳細
1月6日(日)“年初めのヨガ ~身体と心とうまく付き合う1年に”
年末年始、日常とは違う時の流れの中で、なかなか身体を動かすことができない時かもしれません。2019年最初のクラスは、身体に平和的な負担をかけながら、お腹周り、足腰をほどよく使ってリフレッシュするクラスです。また、寒さでこわばりがちな肩回り、首回りなど、日ごろから取り組みやすいケアもご紹介します。

1月14日(月・祝)“股関節を気持ちよく伸ばす”
このクラスでは、タイトルの通り股関節を気持ちよく伸ばすアーサナを中心に練習していきます。プロップス(道具)も使い、また自分の自重もうまく使いながら、身体にあったアーサナを取りますので、身体が硬いと思っている方も安心してご参加いただけます。練習を積み重ねながら、身体の変化も感じてみましょう。

1月27日(日)“側屈を深める”

日常生活ではなかなか伸ばしにくい体側を気持ちよく伸ばすクラスです。アーサナとしては、「パリヴリッタジャーヌシルシャーサナ」や「トリコナアーサナ」「ワイルドシング」「かんぬきのポーズ」などを練習します。

1月27日(日)“重さと軽さを体感してみる”

このクラスはリラクゼーションのクラスです。クラスの後半には、「ヨガニードラ」の練習をします。イメージングを使いながら、身体の重さ、軽さを体感してみます。(ヨガニードラについては、コチラの「リラクゼーションのプラクティス」をご覧ください。)

2月クラス詳細
2月9日(土)“サンスクリット語でポーズの名前を知ろう2”
ヨガのアーサナ(ポーズ)の名前をサンスクリット語でご紹介します。ポーズの名前は、動物の名前や、身体の部位、方向などを組み合わせたものが普通です。前回(12月)に行ったクラスでは、以下の言葉を紹介しました!
・ウルドヴァ(上)+ハスタ(手)→ウルドヴァハスタアーサナ=手を上に伸ばすポーズ
・トリ(3)+コナ(角)→トリコナアーサナ=三角のポーズ
・バッタ(合わせる)コナ(角)→バッタコナアーサナ=がっせきのポーズ

2月17日(日)“バランスポーズを深める”
このクラスでは、バランスのポーズをいくつか練習します。バランスのアーサナを通して、土台の安定や、精神の集中を育みます。コツもお伝えしますので初めての方も楽しみながらご参加いただけるクラスです。例えば、ヴリクシャアーサナ(立木のポーズ)、ナタラジャアーサナ(ダンサーのポーズ)、パタングシュタアーサナなど、プロップス、時には壁も上手に使って練習しましょう。

2月23日(土)“ツイストを深める”

このクラスでは、ツイスト(捻り)を主に練習していきます。ツイストのアーサナはどんな印象がありますか?慣れていない捻りのポーズは時に呼吸がしにくく感じたことがあるかもしれませんが、コツをきちんと知った上で行うと、ツイストのポーズは気持ちよさを伴います。慌てずに時間を費やしながら気持ちよくツイストを深めていきます。