toggle
2021-03-02

日々のヨガで脱・整体通い!?

ヨガを始める前、基本腰痛持ちだった。

当時の姿勢は反り腰だったり、上半身が前かがみの姿勢だったりで、腰に負担がかかっていた。

ぎっくり腰にもなって、週に何回か整体にも通った。

スーパーでの買い出しもできなくなったり、

通勤で駅まで歩くときはのろのろしか歩けず、周りの人の歩くスピードに改めて驚いたり。

当時はストレスもあり、それも慢性的な腰痛に影響していたと今振り返ると思う。

(ここからちょっとありきたりな話だけれど)

それからヨガを始めて、それから少しずつ、本当に少しずつ腰の痛みは減っていった。

といっても、ゼロになったわけではなく。

当時はヨガをしていたといっても、多くて週4回。

体を動かす時間よりも、悪い姿勢でいる日常の時間の方が単純に長かったから。

それから、ヨガを教える立場になり、

今では毎日オンラインや対面でヨガをするようになって、いつのまにか腰痛がなくなっていた。

その変化が本当に小さすぎてわかりにくいのだけれど、いつの間にか、腰をかばう姿勢を取らなくなり、

いつの間にか、整体にも行かなくなり、いつの間にか、腰に何の不安も感じなくなった。

私=腰痛

というプロフィールに書いてもおかしくない属性がいつの間にかなくなっていた。

どう頑張っても、体を動かす時間より、動かさない時間のほうが長いですしね。

だから、日常生活での姿勢を気を付けることも大切。

そして「適度に体を動かす」という頻度を上げること。

もっと言えば、生活に組み込むこと。習慣にすること。

腰痛で整体に行ったときも、

「家でもこの練習をしてみてね」と宿題をもらっていたのを思い出し

日頃からやることの価値を教えてもらっていたのだ、と今更ながら気づいた。

日頃から適度な運動をしていれば、最終的には整体に通わなくて済むようになる。

長く参加してくださっている生徒さんに、整体に行かなくなった方がいる。

通っていた当時から比べて、今の方がお子さんも増えて大変なはずなのに、今の方が快適とおっしゃっていた。

きっと今から身につけた適度な運動習慣(もちろんヨガじゃなくてもいいんです)は、将来代えがたい自分への投資になると思う。

ヨガの先生で、あまりこういうことを言う人はいないけれど、

「適度に体を動かすこと」をできるだけ早いうちから、習慣にしたほうがいいと思っています。

食事などは、ある程度「体にいいもの」「そうでないもの」はありますが、個人差がある。

睡眠も、質が高いことが大切なのは共通するけれど、何時間寝たらいいのか、というのは個人差がある。

でも、体を動かすことに関しては、一択。

ケガなどしていない限り、「体を動かさない方がいい」という選択肢はない。

整体や整形外科に通うための時間や、お金、手間をかけなくてもよくなるのであれば、

日々の習慣にしてみる価値はあるかと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

生涯を通して続けていく運動習慣をサポートします。

オンラインヨガはコチラ>> (3月コース、今からでも間に合いますよ!)

関連記事