toggle
2018-12-18

1年に1度の味噌づくりを通して

1年に1度、学生時代にお世話になった先生のお宅で味噌づくりに参加させていただいています。
(ただ、今回は遅れての参加だったので、味噌づくりは参加できませんでしたが…)
先生は県外に住んでいらっしゃるので、1年に1度自然が豊かな環境に行く機会があって、とても嬉しいです。
 
 
不思議なのはその土地に行くと、
普段どれだけ無意識にいろいろなことを気にしているのか、
意識が外側に向き続けているのかに気づかされます。
 
例えば、自分がしている服装や、メイクなど。
好きな服装をしているのに、知らず知らずのうちに周りと比べてしまったり。
 
衛生面に関しても普段、過剰に気にしていることにも気づかされました。
 
現地の電車には中づり広告がほとんどなくて、のんびり電車に乗ることを楽しんでいました。
 
一方、普段利用する電車では中づり広告からさまざまなメッセージを無自覚に受けていたり。
 
例えば
「英語を勉強したほうがいいよ」
「エステに行ったほうがいいよ」
「お得なマンションがあるよ」
など。
 
どれだけ効率よく、どれだけ経済的にお得に生きていくか。
そんなことに意識を向けざるを得ないような…。
 
 
そんな”気づき”も得られる
1年に1回の味噌づくりはとても貴重な機会だなぁ、と思いました。

関連記事