toggle
2018-12-12

素直に話をきく。

今日は、大好きなカウンセラーさんの講座に行ってきました。

その方は、カウンセラーなんだけれども、自分らしさを

大切にしていて、

その方の雰囲気や仕事の取組み方が好きなんです。

ガツガツしていなくて、本当に好きだからやってるだけという雰囲気。

でも、精力的に活動されていて。

 

講座前半は講義ベースで、

後半は、人生相談という感じした。

参加者さんが挙手していろいろな質問をしていました。

 

そのカウンセラーさんと参加者さんとのやり取りを見ていて感じたのは、

「素直に話を聞くこと」って、いいなぁと思いました。

 

そのカウンセラーさんは

話を聞きながら、疑問に思えば素直に聞いているし、

クライアントさんが発した一言をきちんと覚えているし、

その人の反応もしっかり見ている。

なんとなくではなくて、要点をしっかり見極めて

自分の中で、そのクライアントさんの状況を

冷静に腑に落としていく印象がありました。

 

そして、心のことを扱うんだけれど

やっぱりベースにあるのは、心理学の理論。

ただそれだけでなく、そのカウンセラーさんが今まで出会った

クライアントさんの情報量が、データベースが、半端なく

そこから本当に適切なアドバイス、道しるべを伝えていらっしゃいます。

 

そして、心にまつわることも、練習や訓練をしながら

変化していくという、実はチリツモ的なアプローチも大切だったり。

 

人って、いろいろな背景はあるけれど、

傾向としては割とタイプが集約されるような気がします。

 

そのカウンセラーさんは、とても自然なスタイルなので

あまり印象として強く感じなかったけれど、

今日改めて、

カウンセラーという仕事は「理系だ。」と思いました。

 

なんとなく「へぇ~。そうなんだ~。」で終わらせない会話。

 

もちろん、その心地よさもあるけれど、

自分の問題をきちんと見極める力は、養いたいなぁ~。

関連記事